イベントレポート

チームラボプラネッツ 隠れ作品も見逃せない!全作品とその順番

東京豊洲で開催中のチームラボプラネッツへ行ってきました。

そこは宇宙を旅するような、ドキドキとワクワクを体感できるデジタルアートの世界。

 

チームラボプラネッツは基本的に順路が決まっていて、後戻りできません

気に入った作品をたっぷり楽しむためにも、作品の順番と内容は先に知っておきたいところ。

 

それらをまとめてご紹介します。

あ、ここで見るのと、行って体感するのは全く違うので、安心してご覧ください。

 

隠れ作品も見逃せない!全作品とその順番

作品に進む前に、水に浸かる作品があるので、まずカメラとスマホ以外の荷物と、靴、靴下等を脱いでロッカーに預けます。

坂の上にある光の滝 / Waterfall of Light Particles at the Top of an Incline

最初に登場するのは、水の坂を進むこの作品。

スボンの裾をまくったりして進みましょう。

 

登って作品が終わったら、足を拭く場所があります。

水に浸かって楽しむ作品はしばらく出てきません。

しっかり拭いておきましょう。

 

やわらかいブラックホール - あなたの身体は空間であり、空間は他者の身体である

次の作品に踏み入れると、深く沈む体感に驚きます。

床も壁もダメにされそうな気持ち良さです!

でも個人的には長居する作品ではないと思います。

 

The Infinite Crystal Universe

次に進んだ作品では、チームラボアプリの出番です。

好きなアイコンを選んで、見ている作品の光り方を変えましょう。

 

ほとんどチームラボボーダレスと同じじゃん!とも思いましたが違いました!

先に待っていたのは、高い天井も床も壁も鏡で、宇宙的な広がりを見せる世界。

ここでもアプリ使えます。(他の人の操作が優先されることも多々あり)

 

この作品の別の場所には小部屋があります。

アプリと同じアイコンが表示された、大きい液晶の台が設置されています。

この液晶で作品の光りをコントロールできます。

ここは背後の作品までに距離があるので、集合写真とかも撮れそうです。

 

人と共に踊る鯉によって描かれる水面のドローイング / Drawing on the Water Surface Created by the Dance of Koi and People - Infinity

次はまた水に浸かって楽しむ作品です。

じっとしてると光の鯉に取り囲まれたりします。

ゆっくり色々な変化を楽しみたい作品です。

 

冷たい生命 / Cold Life

ここは隠れ作品と言っても良いと思います。

上の作品の中にある小部屋で、出口の一つかと思うようなところにあるので。

見逃さないように注意ですよ。

 

意思を持ち変容する空間、広がる立体的存在 - 自由浮遊、3色と新しい9色 / Expanding Three-dimensional Existence in Transforming Space - Free Floating, 12 Colors

水から上がって、次の作品はたくさんの球体が浮かぶ部屋。

かき分けたりしながら進みます。

球体は衝撃を受けると色を変化させます。

 

Floating in the Falling Universe of Flowers

最後の作品です。存分に楽しみましょう。

天井が球体の鏡になってて、床も鏡なので、全方位、美しい映像に包まれます。

立ってると平衡感覚がなくなって、よろけそうになります。

寝転んだり、座ったり、見方を変えて楽しむと良いと思います。

 

まとめ

以上、チームラボプラネッツの全作品とその順番でした。

自分の場合は、全部見終わって所要時間1時間ちょっとでした。

 

チームラボボーダレスより早く見終わるけど、アート色はこちらが強いと感じました。

 

チームラボプラネッツをより楽しむ、お役に立てたら幸いです。

 

 

 

-イベントレポート
-, , ,