旅/アート巡り

最高の星空を求めて 青ヶ島への旅「青ヶ島1日目」

2018/08/25

青ヶ島への旅行記。今回は青ヶ島1日目です。

↓前回記事はこちら

 

レンタカー屋へ

青ヶ島へ到着後、レンタカー屋のお兄さんに、先ずは車で宿泊する『あおがしま屋』まで行って、場所を教えてもらいました。

乗ったままレンタカー屋へ行って手続きをします。


(↑レンタカー屋入口前にいるネコたち)

 

手続きの中で、資料を見ながら青ヶ島の道や運転での注意点と、観光のおすすめを色々教えてもらいます。

その中で、星空を見るなら『ジョウマン』か『池之沢』という場所がおすすめと教えてもらいました。


(↑参考「Light pollution map」スクリーンショットに書き込んだ青ヶ島の星空スポット)

公式HPで見た、360°星の海『尾山展望公園』のことも聞いてみましたが、雲が掛かりやすく360°の星空を見られる日は稀とのこと。

この滞在中の予報では難しそうです。

 

民宿『あおがしま屋』

レンタカーを運転して『あおがしま屋』に到着。

 

チャイム押してみますが、中から音は聞こえず。

しばらくして、壊れてる?と思ったので、勝手に開けます。

ちょっとしたら、宿のお母さんが迎えてくれました。

 


洋室に案内されます。とても綺麗な部屋。

あおがしま屋さんの宿泊部屋はほとんどが洋室。

和室もあって、そっちがちょっと安いけど、こだわりがなければ洋室をおすすめ。

 

青ヶ島の民宿は3食付きが基本です。(周りに食べる所ないので)

行ったこの日も昼食から提供されます。

 

食事のこと先に言っておくと、あおがしま屋さんの食事は魚料理が中心です。

それから量はかなり多い。

自分は生魚食べられないと伝えておいたので、火を通した物でしたが、カンパチなど様々な魚料理を美味しくいただきました。

魚好きの方はとても満足できるはずです!

ちなみにお昼のカレーもシーフードカレーでした。(肉の方が好きですけどね。笑)

 

この時点で10時半くらい。

荷物を部屋に運んだら、お昼ご飯まで、ちょっと青ヶ島探索に出かけます。

 

『尾山展望公園』へ

近くの『尾山展望公園』へ行ってみます。気になる星空スポットでもあります。

 

レンタカーで向かいます。地図を見て場所を確認。

が!『尾山展望公園』へ入る道、素通りしました。

あまりに細くて急斜面な道で、まさかそこから入ると思わなくて。

翌2018年にレンタカー借りた時は、坂道使わず遠回りして、小中学校前を通って行ってねと説明されました!

 

途中、墓地前を通ります。夜ダメな人はダメかもね。


車をレンタカー屋で聞いた場所に停めます。


青ヶ島の水を集める施設があります。


山の斜面に雨水を採取するための加工がされています。

景観がどうこう言う前に、この島で生き抜く為の設備。


コンクリートの坂道を体力不足を感じながら、ひたすら登って、登って、もう少しだ!というところで・・・えっ?行き止まり!?

 

道、間違えた!!

途中に『尾山展望公園』と立て札あったけど、よく思い出したら、舗装されてない道の方を指してたような。


登ってきた道を降ります。良い眺めだなー、チクショー!(本当に眺めは良いです)

 


そうそう、ここが分岐点。


尾山展望公園へはこの立て札から、右の舗装されてない道へ


こっちを進みます。


車止めの先は、また舗装された道になります。


ここを登りきったら『尾山展望公園』

階段あって、コンクリートの坂より登りやすいです。


到着!写真で良く見たモニュメント

さて、『尾山展望公園』で見たい物は、なんと言ってもカルデラ!


あらためて青ヶ島に来た!そんなちょっとした充実感と感動!

景色そのものには、自然の不思議を感じると共に、この島の人々の生き様のような物もありありと見てとれます。

手つかずの大自然のような物を期待してはいけません!

工事の施設も丸見えです。それも含めて青ヶ島。

 


『尾山展望公園』から見るカルデラは、手前の草木で、ちょっと見下ろしづらかったりします。(もう一つ上の写真は手を伸ばして撮影)

展望では次の日行った『大凸部』からの方が良かったです。


モニュメントを囲む階段。お弁当食べたりするなら『大凸部』より広いこちらが良いでしょう。

 

ジョウマン


(↑ヘリから撮ったジョウマン)

『あおがしま屋』へ戻って昼食をいただいた後、再び出かけます。

 

先ずは、村落から近い星空の観察スポットの一つ『ジョウマン』へ

この日の夜の天気予報は雨。

夜、少しでも晴れ間が期待できそうなら、ここで車の中で待つことも考えました。

ジョウマン辺りは細い1本道。

草原とは柵で仕切られています。

行き止まりが少しだけ広くなってて、車を折り返えせます。

 

高い草木がない広い場所なので、視界は良好。

村落より一段低い場所にあるので、光も届かず、星空観察にはもってこいの場所でしょう。

でも、柵で草原の中には入れなさそうなので、星空は道路で見ることになります。

 

撮影スポットしてはどうかな?

他の人も車で星空を見に来るはずなので、ライトが気になりそうです。

 

長くなったので1日目後半はこちらから↓

-旅/アート巡り
-,