旅/アート巡り

最高の星空を求めて 青ヶ島への旅「羽田から青ヶ島到着まで」

日本で本当に一番の星空を探す旅として行った、伊豆諸島最南端の『青ヶ島』

青ヶ島への旅行記。今回は「羽田空港から青ヶ島到着まで」です。

 

↓前回記事はこちら

 

羽田空港から八丈島まで

今回青ヶ島へは、八丈島まで飛行機で行って、ヘリコプターに乗り継いで行きました。

羽田空港から八丈島までは1日3便出ていますが、ヘリコプターに乗り継げる便は7:30発8:25到着の便(ANA1891)のみ。

 

7時ちょうどくらいに手荷物検査を終えました。

八丈島での乗り継ぎをスムーズにしたかったので、荷物は預けず。

荷物は機内持ち込み分のみです。

機内持ち込み分だけなら、余裕を持ってヘリの手続きができるし、もし八丈島でヘリが欠航したとしても、船が出るなら港まで急いで向かえます。

 

八丈島への飛行機へは、羽田空港内を連絡バスに乗って向かいます。

 

飛行機の席は、いつもなら後方窓側にして写真を撮るのだけど、この日は前方通路側を選択。

八丈島到着後なるべく早く降りるためです。

 

八丈島到着、ヘリコプターに乗り継ぎ

八丈島に到着しました。

ヘリコプター(東京愛らんどシャトル)の受付は、八丈島の到着口を出てロビーの左奥。

飛行機の搭乗受付の近くです。

 

この日のヘリコプターは問題なく就航。

搭乗手続きをして、荷物の重量を量ります。

合計で10kgオーバー。2300円の超過手荷物料金を支払いました。

カメラの入ったバックは残し、リュックを預けます。

 

青ヶ島行きヘリコプターの搭乗口は、羽田空港行きの飛行機の搭乗口と同じです。

飛行機搭乗と同じように手荷物検査を受け、出発ロビーで待機。

ヘリコプターの準備が整い次第案内されます。


ヘリコプターまでは飛行機の搭乗と違う通路。階段を降ります。


外へ出て、歩いてヘリコプターへ。


ヘリコプターへ乗り込みました。席は自由。乗り込んだ順に好きな席に座ります。

乗り込んだ順です。受付をした順番は関係ありません。

前方左の席に座りました。青ヶ島が撮れるといいな。

 

ヘリコプター離陸、青ヶ島へ

人生初のヘリコプターです。離陸までドキドキ!

飛行機の様に、直線になった滑走路まで車輪で移動して、離陸しました。

飛行機と違うのは、離陸して浮いてから前進!

 

飛行機の滑走→離陸の様な、心臓がフワッとなる様な感覚はありません。

いつの間にか浮かんでる感じ。

八丈島の風景が上空の近い場所から色々飛び込んできます。

これは飛行機より楽しい!

 

八丈島を離れたら、後はひたすら海の上を飛び続けます。

だんだん曇ってきて視界不良。変わらない景色。

青ヶ島はいつまでも見えてきません。

離陸からずっと動画撮ってましたが、変わりばえしないので終了。

 

それからしばらくして、ようやくヘリのレーダーに青ヶ島が現れます。

視界にもうっすら、少しずつ姿が見える様になってきました。


だいぶ近づいてきました。その姿も段々ハッキリと。


今回のベストショット。

八丈島発のヘリは島の北側から到着です。

二重カルデラは島の南側。よく見るこれぞ青ヶ島!というそれの写った写真は撮れません。

知ってましたからね、上の写真で満足です!

 

今回は島へ向かって右側から回り込んで着陸態勢に入ったので、座った左の窓から青ヶ島の写真が撮れました。

風向きによって違います。左側から着陸することもあります。

青ヶ島の景色が目の前にグッと近づいてきて、急速に胸が高鳴る中、着陸!

 

青ヶ島到着!

青ヶ島のヘリポートに着きました。

小雨降る中でしたが、ヘリコプターに乗る人以外に、何人もの人々が集まってました。

 

「○○さんですか?」レンタカー屋のお兄さんに声をかけられます。

宿泊の『あおがしま屋』さんから、ちゃんと連絡いってたみたいで安心。

 

ヘリコプターから降ろされた荷物を受け取ったら、そのままレンタカー屋のお兄さんと車へ。

 

あ、ここでおすすめ情報。

ヘリコプターの受付のある待合室に、表紙が青ヶ島の手描きMAPになってる、青ヶ島の案内パンフレットが置いてありました。

中は、青ヶ島の星空スポットの紹介や解説、ヘリと船の就航率なんかも載ってて必見!

自分は帰りのヘリコプター搭乗前に気づいて貰って帰りましたが、到着時にぜひ貰ってください。

 

次回へ続く

-旅/アート巡り
-,