旅/アート巡り

どれがいい?東京からの『神津島』への交通手段

伊豆諸島の『神津島』へは3種類の交通手段『フェリー』『高速ジェット船』『飛行機』を使って行くことができます。

選択肢が多く、予定と予算に合わせやすいのですが、どれが良いかはじめは迷うところ。

費用や時間などを比較、注意点をあげて、おすすめの交通手段、また実際に利用した感想などを紹介します。

 

費用、時間などの比較

各交通の所要時間と費用、良いところと良くないところをあげて、比較してみましょう!

『飛行機』

東京(調布)と神津島を結ぶ小型飛行機です。定員は19名。

所要時間約45分(搭乗手続きの締切り時間は出発時刻の30分前)

参考:2017年8月26日のタイムテーブル(時期によって変わります)
・東京→神津島 08:45→09:30、13:30→14:15、15:25→16:10
・神津島→東京 09:55→10:40、14:40→15:25、16:30→17:15

運賃:片道運賃(大人)15,300 円、(3-11歳)10,800 円、往復割引運賃 27,800 円
※他に5kgを超える荷物には1kg毎300円の超過料金がかかります。

良いところ

  • 最も早く行き帰りできる。時間を優先させるならコレ。
  • 往路復路ともに1日3本ずつ運行がある為、予定を立てやすい。
  • 悪天候(強風、荒波)に強い

良くないところ

  • 費用がかかる。(荷物の超過料金も考えると、高速ジェット船の約2倍、フェリー(2等)の約3倍かかります)
  • 大きな荷物、重い荷物を運ぶには向かない
  • 濃霧等、視界不良には弱い

 

『フェリー(大型客船)』

東京(竹芝)と神津島を結ぶ大型客船です。

所要時間:東京→神津島 約10時間(出発23時頃→到着9時頃)、神津島→東京 約8時間(出発9時半頃→到着17時半頃)

運賃:2等 7,620円、特2等11,430円、1等15,240円、特1等18,290円、特等21,330円
※インターネット予約で大幅な割引あり(2等が5,180円など3割引程度)。でも軽微な変更にもキャンセル扱いの手数料がかかります。

良いところ

  • 2等なら最安で神津島へ行き帰りできる。
  • 『高速ジェット船』よりは悪天候に強く、欠航が少ない。
  • 東京→神津島では前日の夜出発で当日朝に到着の為、朝から島で行動できる。
  • 定員数が多いので、予約が取りやすい。

良くないところ

  • 時間がかかる。特に神津島→東京では、日中の大半を船で過ごすことになります。
  • 2等以外はけっこう料金がかかる(ベット付きの『特2等』以上の場合は高速ジェット船より費用が高い)

 

『高速ジェット船』

東京(竹芝)と神津島を結ぶ高速船。最高速度は時速80km!

所要時間約4時間
東京→神津島  出発8時頃→到着12時頃
神津島→東京  出発13時頃→到着17時頃

運賃:10,910円
※インターネット予約で大幅な割引あり(10,910円→7,980円)こちらも軽微な変更でもキャンセル扱いの手数料がかかります。

良いところ

  • 費用と時間のバランスが最も良いのがコレ。
  • 船旅も適度に楽しめる。

良くないところ

  • 悪天候時、一番影響を受けやすい(欠航)
  • 3つの中で一番人気で、最も早く予約が埋まる

 

※ご注意
上記の運賃と所要時間(目安として出発、到着時刻も載せてあります)はそれぞれ2017年8月のものです。
時期によって変動しますので、ご利用時には必ず各公式サイト等でご確認お願いします

飛行機→新中央航空 フェリー、高速ジェット船→東海汽船

 

それぞれ こんな方におすすめ

以上を踏まえると、各交通は予算と予定に合わせて こんな方におすすめです。

飛行機』は費用が高くても早く行き帰りしたい方。船の欠航を心配したくない方。伊豆諸島上空の空旅を楽しみたい方。

フェリー』は時間がかかっても できるだけ費用を抑えたい方。前日出発で朝から神津島を楽しみたい方。船旅をゆっくり楽しみたい方。

高速ジェット船』は時間も費用もそこそこで抑えたい方。船旅を楽しみたい方。

 

 

実際に利用してみた感想

今回、神津島へは『高速ジェット船』、東京へは『飛行機』を利用しました。

『フェリー』は時間が合わなかったので、利用していません。

 

高速ジェット船

費用と時間を抑えつつ、船旅も楽しみたかったので、行きは『高速ジェット船』

インターネット予約は早い段階で満席になってました。

予約の変更をすることになり、ネットでうまく変更できなかったので、電話で変更をお願いしましたが、インターネット予約の内容は電話では変更できないそうです。

到着は少し遅れましたが、途中寄港する島や海の風景を楽しみながら約4時間の船旅を楽しむことができました。

 

飛行機

午後から仕事の日、確実に午前中に戻ってきたかったので帰りは『飛行機』を利用。

悪天候に強いという安心もありました。

 

撮影機材やノートPCを持っていた為、10kg以上荷物の重量超過!3,300円の超過料金がかかりました。

予約客が全員揃った為、なんと予定より早い時間に出発!到着もその分早く着きました。

 

航路はいろんな伊豆諸島の島々近くの上空を飛びます。

普段利用する飛行機より低い高度で飛ぶため、島がはっきり見れて良かったです。

 

まとめ

神津島は交通の便が良く、行き帰りしやすい島です。

選択肢が多く、予定と予算に合わせやすいのも良いところ。

 

自分の様に、たまに仕事の合間の休みにでかけるのであれば、

東京から神津島へは、費用を抑えつつ、朝や昼から神津島で行動できる船がおすすめです。

また、東京への帰りは『飛行機』がおすすめです。

船はどちらも日中の主要な時間を船で過ごすことになるのと、帰りの欠航は避けたいからです。

 

でも時間に余裕がある方や、神津島へよく出かけられる方は別ですね。

 

 

神津島への交通手段を考える参考になれば幸いです。

 

-旅/アート巡り
-