茨城県屈指!大子町の星空

2月に星空の撮影を目的に茨城県の大子町(だいごまち)へ行ってきました。

大子町は冬に「氷瀑」と呼ばれる滝が凍結する現象が見られる「袋田の滝」が有名な町です。

そして北部の八溝山(やみぞさん)の辺りでは、茨城県屈指の星空が楽しめる町でもあります。

今回はそんな大子町の星空をご紹介します。

 

茨城県の星空スポット

茨城県の星空を紹介するなら、できるだけ県内で一番綺麗な星空が楽しめる場所にしたい。

いつものように「light pollution map」での光害表示を調べてみます。

候補のエリアが2箇所ありました。

一つは左の円、大子町の北部。もう一つは右の円、北茨城市関本町の辺り。

どちらも遜色ない星空が見られそうですが、より視界の良い場所を探します。

今回は八溝山の山頂からの眺めが良さそうな大子町へ行くことにしました。

 

大子町(八溝山中腹)で撮った星空

今回の目的は、茨城県の屈指の星空をタイムラプスとして撮ること。

いろいろあって、八溝山の中腹での撮影となりました。

 

大きな都市から離れた県境の山中なので、綺麗な星空に出会うことができました。

 

八溝山の山頂へ行くつもりでしたが

八溝山の山頂までは車で行けるはずですが、当日は山頂近くの道が凍ってて辿り着けませんでした。

タイヤが滑って上れない危険な路面状況。

冬に行く場合はお気をつけください。

 

今回は辿り着けませんでしたが、八溝山は茨城県最高峰の山で、山頂にはお城のような姿の展望台があります。

展望台からは関東平野等を一望でき、夜は美しい星空と一緒に楽しめるはずです。

 

写真は下りてきた道中での星空。

時々車が通るのでタイムラプスの撮影には適してませんが、この辺りも星空は綺麗でした。

 

今回行ってみて、大子町の北部は茨城県の星空スポットとしてお勧めできるエリアでした。

山中は道が狭い場所もあるので、運転には注意が必要です。

 

茨城県で星空を楽しむ参考になれば幸いです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください